株式会社KIS



  1. TOP
  2. 会社案内
  3. 公的資格・認証
  4. ISO27001(ISMS)

ISO27001(ISMS)

ISO27001:2013

ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)認証取得
(財)日本情報処理開発協会 (JIPDEC) によって制定された 組織の情報セキュリティマネジメントシステム規格です。情報セキュリティとは、情報の機密性、完全性、可用性を確保し、維持、改善していくことであり、このためのマネジメントシステムがISMSです。

情報セキュリティマネジメントシステム
規格   :ISO27001:2013
登録日  :平成15年10月
登録更新日:平成27年10月
登録先  :財団法人 日本品質保証機構

 当社は平成15年10月10日、(財)日本品質保証機構よりISMS(Information Security Management System)の認証を民間ソフトウェア 会社として熊本県内で最初に取得致しました。
 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)適合性評価制度は、経済産業省の外郭団体である財団法人 日本情報処理開発協会(JIPDEC) から認定された審査登録機関が認証を希望する事業者の適合性を審査し、合格時に認証するものです。

情報セキュリティとは、情報の機密性、完全性、可用性を確保し、 維持していくことです。すなわち、
1. 許可されたものだけが情報にアクセスできるようにし、 情報の外部への漏洩を防止すること(機密性)
2. 情報及び処理方法が正確で完全であること、 情報の処理ミスなどを防ぐこと(完全性)
3. サービス提供する情報システムの安定性がたかく、利用者は安定したサービスを受けられる(可用性)であり、このためのマネジメントシステムがISMSです。

 当社はコンピュータシステム活用での以下の3つの業務を対象として認証取得活動のプロジェクト体制を設立して10ヶ月以上にわたり推進してきました。
1. 情報の計算などを当社でおこなう受託処理
2. インターネット活用での代行処理業務であるインターネット・サービス・プロバイダ(ISP)
3. 顧客のシステムを当社コンピュータ室に預かり運用するハウジング

 情報システムの障害対策や外部からの不法侵入対策、 停電・地震などへの対策のために、当社として強靱性目標を設定し、 この水準以上にするため外部ネットワークからの侵入防止策、自家発電設備や運用規定を強化しての訓練、さらには全社員による 身分証明証の常時掲示など強化策を実施し目標の水準以上にすべく 改善をしてまいりました。

 これらの規定と実施により、審査機関による予備審査、規定類の審査、実施状況の審査の3審査を合格し、認証取得致しました。

 この認証取得によりお客様に、より一層安心して頂けるサービスを提供していく所存です。

ISO27001 登録証および付属書(クリックで拡大表示)

ISMS登録証(複写)ISMS
登録証(複写)

ISMS付属書(複写)ISMS
付属書(複写)