DigitalTransformation
TOP DXへの取り組み

制定日:2022年6月1日


株式会社KIS

代表取締役社長 平木 実

DXへの取り組み

DX推進ビジョン

    KISは社内業務の自動化・最適化を図るとともに、DX人財育成に注力し、対外的なデジタル業務改革提案での
競争力の強化を目的としたデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進します。

 急激なビジネス環境の変化や、来るべきIT人材不足問題、 旧態化した基幹システムによるリスクと経済損失問題(2025年度の崖問題)に備えるために KISでは社内のレガシーシステムの刷新を含む、社内業務の効率化を行うとともに、 データサイエンティストやAI、IoT領域の技術者育成に積極的に投資を行います。

また、顧客へのDX推進のための製品サービスの提供に留まらず、 KISが培ってきた技術と蓄積した業務ノウハウを組み合わせて お客様に寄り添ったデジタル業務改革の提案を行いながら、お客様と共に成長を目指します。

DX戦略

dx戦略図
内部(社内)x既存 事業戦略

営業のデジタル化推進

SFA・MAの活用を軸に顧客の業態や地域差などの特性を鑑みながら、ニューノーマル時代の営業スタイルへシフトし、
新たな顧客発掘を進めます。


基幹システムの刷新

レガシー化が進んでいるKISの基幹システム群を統合するために2年間のタスクフォースを立ち上げ、
社内業務の改革を進めます。


人材管理評価システム活性化

教育管理、スキルマップなど偏在する社内システム情報の一元管理を進め、タレントマネジメントとして運用を行い、
社員のエンゲージメント向上に役立てます。


社外(顧客)x既存 事業戦略

既存IoTサービスの拡大

KISのIoTソリューションである製造設備管理のK-EMSシリーズやK-Sightアナログメーター認識の
C-Sightのシェア拡大・KDX事業の拡大を図ります。


自社製サービスへのAI活用

AIでの補充予測・訪問計画の技術を持つ企業との協業し、KISの自販機販売管理サービスである
iVENUS・iLibra にAIを活用した商品力強化を行います。


クラウドサービスのハイブリッド化

自社データセンターとパブリッククラウドを組み合わせたハイブリッドでのクラウドサービス化に取り組みます。


内部(社内)x新規 事業戦略

DX人財育成

営業部門ではG検定、DXアドバイザー資格取得を推奨し、システム部門ではノーコード・ローコード、RPAの技術者の高度化の教育と
データサイエンティスト、ビジネスデザイナー、アーキテクトの育成を行います。


xR技術

製造業、流通業への応用を念頭にしたxR(AR、MR、VR)技術者育成のための教育や、企業とのPoC、教育機関との共同研究に
積極的な投資を行います。


社外(顧客)x新規 事業戦略

IoT導入コンサルティング

KISスマートファクトリー製品群を主軸にしたIoT導入のコンサルタントを育成し、顧客事業のDX化ニーズの拡大に応えます。


AI導入コンサルティング

AIチャットボットの導入や画像認識・傾向予測の分野を足掛かりにKIS内でのAI技術保有者の拡大を行うとともに
事業分析とAI活用の提案ができるコンサルタントを育成しAI分野を絡めた新規顧客獲得を行います。


DXコンサルティング

自治体、医療のソリューションではNECのDX製品の導入コンサルを強化します。
また、 ERP(Infor CSI)の導入によるDX提案で主に製造業の新規顧客の獲得を行います。


共創DX事業

産学官連携、地域事業者連携など共創によるDX事業の創出に取り組みます。


DX戦略ロードマップ

    DXロードマップ

DX推進指標

■ スタッフ部門の業務時間削減 (5%減)

■ 売上高[ネット売上]の向上 (3%増)

■ DX人財(コンサル・技術者)の育成 (10名増)

      

※全て2021年度実績を基準とする。

DX推進体制

      
  • DX戦略推進執行責任者 代表取締役 平木 実
  • DX推進事務局 経営企画部
  • DX戦略遂行
    • 経営管理本部
    • 経営企画部
    • ITソリューション事業本部
    • SCソリューション事業部