News
経済産業省 「地域未来投資促進法」による、「熊本県地域未来投資促進事業」に採択されました。
  • お知らせ

経済産業省 「地域未来投資促進法」による、「熊本県地域未来投資促進事業」に採択されました。

 株式会社KIS(代表取締役:高浜 辰也、本社:熊本県熊本市南区幸田1-6-27、以下KIS)は昨年度に続き、201993日に「令和元年度(2019年度)熊本県地域未来投資促進事業補助金」の採択を受けました。

 「熊本県地域未来投資促進事業補助金」は、経済産業省が定める法律、「地域経済投資促進法」に基づく補助事業です。「地域経済投資促進法」とは、地域の特性を活用した事業の生みだす経済的効果に着目し、これを最大化しようとする地方公共団体の取り組みを支援する法律です。
 基本方針に基づき、市町村及び都道府県が基本計画を策定し、国が同意。同意された基本計画に基づき事業者が策定する「地域経済牽引事業計画」を都道府県知事が承認し、地域の特性を生かして、高い付加価値を創出し、地域の事業者に対する相当の経済的効果を及ぼす事業として、採択される事業です。

 本事業は、株式会社フュージョンテク(代表取締役社長 金 秀映、本社:熊本県熊本市西区池田2丁目61-9、以下フュージョンテク)とのコンソーシアムによる、「AIIoTを活用した“スマートファクトリシステム”」の開発を行い、中堅・中小企業の製造業を中心に、IoTやビッグデータ,AIを活用した工場管理・支援システムを共通プラットフォーム化し、クラウド活用、コンサルティングまでをシンプルかつ低コストにて現場のQCD(Q:品質,C:コスト,D:スピード)を飛躍的に改善する、「KIS スマートファクトリーソリューション(以下、KSFS)」を開発、ご提供いたします。

 KSFSは、「少子高齢化社会による人口減少」、「首都圏・主要都市に集中する経済と人口」、「知識・技術の継承」、「インダストリー4.0の潮流」など激動の時代の中で地域の中堅・中小製造企業が成長するためにクラウドを活用し、初期投資や経費を抑え、AIIoTを活用したアナログメータ監視自動化、予知判断・分析の自動化を実現し、海外人材の支援や多言語対応マニュアルを準備。段階的なソリューション導入を支援するコンサルティングまでを支援し、あらゆる製造業が今抱えている問題や課題を解決します。

 KISは、「地域経済牽引事業」をとおして、さまざまな企業や団体、教育機関とも連携を図り、地域の中堅・中小製造企業が抱えている問題・課題を解決し、より活性化できるよう支援して参ります。

ご参考)
  経済産業省「地域未来投資促進法」に関して
  https://www.meti.go.jp/policy/sme_chiiki/chiikimiraitoushi.html

  熊本県 「地域未来投資促進法」に関して
  https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_20969.html

  株式会社KIS 「スマートファクトリーソリューション」 に関して
  https://seizou.kis.co.jp/strong/